Cinem@rt編集部Blog
アジアンエンタメ&映画館Webサイト《Cinemart(シネマート)》の編集部メンバーがお届けするどちらかというと私的な内容満載のBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロバート・アルトマン逝去。

どうも、monkです。ここ数日で更に寒さが増してきた気がします。風邪なども流行っているようですので、皆さん、お気をつけ下さい。


ご存知の方も多いでしょうが、映画監督のロバート・アルトマンが亡くなりました。享年81才だったそうです。ハリウッドの中でインディペンデントな姿勢を貫いた監督として、多くの映画人から賞賛を受け、しかも年齢を感じさせないほど、精力的に様々なジャンルにわたる作品を撮っていたので、その突然のニュースには本当にショックを受けました(遺作は来年、日本でも公開されるようです)。


彼の撮った作品の中で僕が最も好きなのは『ロング・グッドバイ』というレイモンド・チャンドラー原作、フィリップ・マーロウが主人公のハードボイルドの傑作「長いお別れ」を映画化したものです。世間的にはフィリップ・マーロウ=ボギーというイメージがあるようですが、この作品の人間臭さに満ちたエリオット・グールド演じるフィリップ・マーロウこそ、僕にとってのマーロウなんですね。映像、物語もすごくいいです。DVDは“ハリウッド・プライス”(皮肉だな)で安く出ているようなので、給料も入ったし、買おうかなと考えています。ちなみに亡くなったというニュースを聞いた日の夜はアルトマンに1杯捧げる気持ちで呑みました。


実はうちの会社(エスピーオー)でもアルトマンの作品を扱っています。そのひとつが『バレエ・カンパニー』、もうひとつは『クッキー・フォーチュン』です。全く違うタイプの作品ですが、リヴ・タイラーも可愛い『クッキー・フォーチュン』は個人的に好きな彼の作品のひとつです。『バレエ・カンパニー』はバレリーナの過酷な世界を描いたドラマ以上に圧倒的に美しい映像が印象に残ります。ぜひ、レンタル屋でも覗いて、彼の世界に浸ってみてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

フィリップ・マーロウについて

フィリップ・マーロウフィリップ・マーロウ(Philip Marlowe)は、レイモンド・チャンドラー(1888-1959)が生み出したハードボイルド小説の探偵。地方検事局の捜査官をしていたが、命令違反で免職となりロサンゼルスで私立探偵を開業する。『長いお別れ』によれば、ローレル ミステリー館へようこそ【2007/02/09 07:49】

プロフィール

Cinem@rt編集部

Author:Cinem@rt編集部
アジアンエンタメムック&Webサイト編集部。フリーペーパーCinem@rt vol2は好評配布中です!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

タグクラウド

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。