Cinem@rt編集部Blog
アジアンエンタメ&映画館Webサイト《Cinemart(シネマート)》の編集部メンバーがお届けするどちらかというと私的な内容満載のBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の韓ドラはちょっとカゲキ

アニョハセヨ。Nっちです。
今日も最近観ているドラマネタ。


このごろの韓ドラってなんだかとってもエロいんです。
いま観ているドラマに「キツネちゃん、何してるの」というのがあります。
33歳の独身女性エロライターと20代の年下男との恋愛ドタバタを描いた作品。
脚本が「わたしの名前はキム・サムスン」の人なので韓国でもいまもっとも話題を集めているドラマです。


ヒロインはコ・ヒョンジョンという伝説的清純派(でもバツイチ)女優ですが、彼女がこれまでのイメージを脱ぎ捨てて、第一話目からかなり卑猥なセリフを連発。(エロライターだけにね。)で、ここでヴァージンという設定が韓国らしいのですが、それも第2話で酔った勢いで失っちゃいます。というより、年下男を襲っちまうのです。婦人科での子宮筋腫の検査シーンでは、足を広げて、検査棒を突っ込まれて、ぎゃあああと叫ぶ。そしてここでは書けないけど露骨なセリフのやりとり。(日本のドラマじゃ珍しくもなんでもないけど。)
「…サムスン」でもヒョンビン君がサムスンとの結婚を両親に認めてもらうために「先に子供つくっちまえ!」とベッドに連れ込み、お肌の露出こそ少ないもののかなり露骨なセリフで盛り上げます。コンビニで避妊具を買う(子作りはサムスンに拒否される…)シーンもコメディータッチでありながらかなりリアルに描かれていて、か、韓国でこんなんやってええんかとドキドキしながら観てました。



10年付き合ってる婚約者にホテル連れて行かれてショックにおののく「冬ソナ」のヒロインはどこ行っちゃったの。手握るまでも一苦労、お互い好きよの後にはさっそく両親に結婚のごあいさつ、こんな“一服の清涼剤”のような韓ドラは最近姿を消しつつある今日この頃でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Cinem@rt編集部

Author:Cinem@rt編集部
アジアンエンタメムック&Webサイト編集部。フリーペーパーCinem@rt vol2は好評配布中です!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タグクラウド

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。