Cinem@rt編集部Blog
アジアンエンタメ&映画館Webサイト《Cinemart(シネマート)》の編集部メンバーがお届けするどちらかというと私的な内容満載のBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スエ主演『ファミリー』監督インタビューの質問募集!

こんにちは。monkです。今回のブログはお願いです。

 当社が配給するイ・ビョンホン主演の話題作『夏物語』でヒロイン役を演じているスエの映画デビュー主演作『ファミリー』のイ・ジョンチョル監督にインタビューできることになりました。時間の制約はあるのですが、多分、単独でのインタビューです。そこで監督に対して聞いて欲しい質問などがあるようでしたら、コメントに書き込んでいただければと思います。締め切りはインタビューの日程の関係上、10/24中でお願いします。

 『ファミリー』は東京国際映画祭での上映の後、12/2から公開のため、まだ観ていない方が多いと思いますが、なにかありましたら、ぜひ、お願いします。

 『ファミリー』のオフィシャルサイトはこちらです。
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:その他

コメント

えっと、とぎれとぎての映像としてしか記憶に残っていないのでおおざっぱなところの質問として考えました。

プレスインタビューにもありますが、スエさん演じるジョンウンから醸しでる中性的な雰囲気と芯の強さがとても印象的でした。実際のスエさんは女性らしくかつ芯が強い、という表現が近いような気がしますが、彼女をジョンウンに近づけるために具体的にどのような演技指導をされたのでしょうか?


殴りこみの前日、お父さんのひげを剃ってあげるシーンが今後起こる事態を予測させてとても印象的だったと思います。なぜひげを剃ってあげる演出にしたのでしょうか?思いついた契機などを教えてください。


ラストはやりきれないほどの哀しみとともに、父のこの上ない愛情を感じるところで終わります。かなり余韻が残りますが監督としては、この締めくくり方にどのような意図を込めましたか?またこの先、ジョンウンはどのように生きていくと想像しますか?


不器用すぎる父娘愛がテーマになっていますが、脚本を描くにあたって参考にした人や出来事はありますか?特にあれだけの頑ななお父さんを描くには少なからずモデルがいるように思うのですが…。


映画タイトルもずばり『家族』(原題)、なわけですが、このようにあえて普遍的な言葉にしたのはなぜですか?ほかに候補はでましたか?


【2006/10/20 14:25】 URL | Nっち #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Cinem@rt編集部

Author:Cinem@rt編集部
アジアンエンタメムック&Webサイト編集部。フリーペーパーCinem@rt vol2は好評配布中です!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

タグクラウド

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。